· 

アカオハーブ&ローズガーデンについて

先日の熱海日帰り旅行。
アカオハーブ&ローズガーデンに行きました。

熱海に行くきっかけは、母親とテレビを見ていたら、
COEDAHOUSE(コエダハウス)を特集していて、
母親が「これ面白そうだねぇ」と言ったので、連れて行くことに。

かつ、僕の奥さんは建築系の大学を出ていて、
隈研吾が好きだと聞いていた。

そして僕の卒業制作が熱海をテーマにしていた。

これらが合致したので。奥さんと僕の母親と3人で熱海へ。

目的のCOEDAHOUSEは
熱海アカオハーブ&ローズガーデンの中にあります。

海抜150mの相模湾に面した絶景で初島が見下ろせます。

COEDAHOUSEが建っている場所は
敷地内の一番頂上で、施設内バスで上がって、
下りながらハーブ&ローズガーデンを見る仕組み。

 

COEDAHOUSEについては

前回のブログを参照していただくとして、

 

さて、ハーブ&ローズガーデンについて。

この施設は、バラとハーブをテーマに

ショッピング、庭園、食事、を楽しめる場所。

 

庭園はバラの谷・イングリッシュガーデン・日本庭園・・・

など個性豊かな12のテーマ別の庭園があり、

季節折おり楽しめます。

普段じっくり花を見る機会は少ないですが
改めてじっくり観ると植物というものは本当に楽しい。
もちろん花は美しい。

 

といいつつ、

今回僕はCOEDAHOUSEを目的に来たので、

ガーデンの方はタイミングを計っていませんでした。

 

ガーデンを目的に行く方は、

季節をしっかり調べていくと良いでしょうね。

 

それでも、様々な、植物を楽しめて楽しかったですけどね(^^

 

園内のアイアンの手摺や、石や枕木の使い方、

それらに自然に絡みついたツタやコケなどの雰囲気は、

時間の経過も手伝って味が出ていてとても素敵。

 

ガーデニング、庭づくりが好きな人には

とても参考になると思います。

ちなみに、僕の尊敬する建築家
フランク・ロイド・ライトは
「有機的建築」を掲げて
植物など、様々な自然物から
造形やデザインのヒントを得ています。

モノづくりを自然をモチーフにアプローチするっていいな。

 

 

熱海日帰り旅行。食べたもの。
COEDAHOUSEでは、熱海タルトフロマージュを。

 

ハーブ&ローズガーデンには、

入口にレストラン ミッレフィオーレがあります。

ここでは、

「静岡産釜揚げシラスとドライトマトのオーリオソースのパスタ」

をいただきました。


夕食は沼津グルメ街道で海産物を買って持ち帰り食べました😃

 

どれもおいしかったですよ(^^