· 

大井川でふたつの古民家を楽しむ その1

 

 

久しぶりに1日のんびり遊びました。
 
「大井川のほとりでふたつの古民家を楽しむ会」に参加してきました。
 
大井川鐡道「福用駅」から徒歩圏内に、気軽に撮影を楽しめる古民家が2棟。ひとつは、築200年を超え、今も昔ながらの佇まいを守り抜いてきた貴重な古民家「野菊の宿」。もうひとつは、築約90年で、古民家らしさを活かしながらリノベーションした古民家「熊のや」。
 
午前中は撮影会。お昼には熊のやで「サヨばあちゃんの休憩所」手作りの昼食をみんなでいただき、午後は座談会と古民家散策。
僕は1日休みを取り集中して古民家撮影を楽しみました。
 
僕なりに撮ってみました。
 
まずは、築約90年の古民家「熊のや」。

熊のや築約90年ながら、耐震改修や生活しやすいように、水回りなどのリノベーションが行われています。しかし、「古民家」としての雰囲気を損なわないために、かなりの部分を温存しています。そこに、家主のセンスを感じます。さらに大切なことは、来客を招く為のしつらえや気遣いがされていること。

 

建築的に云々というよりは、生活を美しくするためには、また、古民家を生かすためには、ものの選び方、使い方が大切なのでは・・・と気づかされる時間。

熊のやは8帖間が4室隣り合う田の字型の間取り。

その、それぞれの部屋を区切る建具は、一組(4枚)ごとに全部違うデザインです。

 

この時代の住宅は、よくこういうとこがありますが、熊のやは建具の数が多く、その全てが、違うデザインです。

 

それがまた、不思議なノスタルジック感を出していて、そのアンバランス感が楽しく美しいのです。

板戸だったり、障子だったり、襖だったり。

広縁を仕切る障子も、シンプルながらバランスが良い。素材も、作りもかなりしっかりしています。昔からこのあたりにも腕のいい職人さんが、たくさんがいたんじゃないか・・・・と思える仕事です。

その全てが、繊細な、美しいディティールで、それだけでも歴史を感じます。

 

 

しっかりと想いを込め大切に利用されている古民家は隅から隅まで素晴らしい(^^
 
*--★*--★*--★*--★*
よろしかったら、
建築省エネサポート
TAG-Laboのホームページも
ご覧ください 
  
ありがとうございました。