築200年の古民家を撮る その2

古民家撮影会、二件目は築約200年を越す古民家「野菊の宿」。

  

築200年越ということは江戸時代に建築されたということですからすごいことですねー🤔

  

郷土歴史研究者の黒澤さんの所有するこの民家のなかに、当時の生活を感じさせる、オシャレな古道具が展示されています。黒澤さんのコレクション(仕事道具?)とのこと。

その古道具と、日本家屋の陰影があいまって、素敵な雰囲気が出来ています。

 

超インスタ栄え(^_^

もちろんこの古民家は建築的にも素敵な部分がいっぱいです。

構造材料も大きく良い材料で、今建てようと思ったら。。。一体いくらになるやら😳
建築された時代が違うのでディテールも違いますが、なるほどと思う部分もたくさんあって勉強になります。

  

*--★*--★*--★*--★*
 
よろしかったら、建築省エネサポート
TAG-Laboのホームページも
ご覧ください
 
 
ありがとうございました。