· 

上棟

先日、猛暑の中、上棟しました。

大工さんたち、毎度お疲れ様でした。
 
今回は、平屋のピアノ教室で、比較的小さめの建物だったので、
一日で屋根のルーフィング張り、構造の金物、全て完了しました。
上棟は建築において、重要な一つの区切りになります。
 
 
木造建築では、最近は「プレカット」という工法で、あらかじめ、組み合わせる柱や梁などの材料を加工して現場に搬入し組み立てます。
 
上棟当日は、現場で大工さんが作業しますが、設計者は、事前に設計図と加工図を確認して、間違いが無いようにチェックすることが役割です。

 

上棟当日、お施主さんは何をするか?
地域やその業者などによって違いがあるので、あくまでも浜松市周辺での僕の経験上の話。
 
住宅の場合、「上棟式」を行って、「餅投げ」をする場合があります。
比較的郊外で、昔から住んでいる方のお子さん世代が建替えたり地域のつながりが強い場合が多いようです。新興住宅地に新たに建てる場合や、昔から住んでいる場合でも、その方が2回目の建築の場合などは、最近は行わない場合もあると思います。
 
また、「餅投げ」は行わず、「上棟式」だけ行う場合もあります。
ご家族と、親戚、身近な関係者だけ立ち会って、簡易的に建物内に作った祭壇で、儀式を行います。上棟式は、完成までの工事の安全と成功、ご家族や関係者の健康と発展を祈ります。その場合、餅投げの代わりに、近隣や友人などにご挨拶として、少しづつお餅やご挨拶品を配るという形をとります。お祭り的な賑わいは無く、粛々としていますが、今後その土地に住まうために、関係者へのご挨拶という役割は充分に果たせると僕は思います。
 
僕が建築を初めて頃は、盛大にお施主様から、大工さんとともに振る舞い(宴会など)をしていただいたことが良くありましたが、時代も変わったし、飲酒運転にもなってしまうので、そういった振る舞い等はほぼなくなりました。
 
僕は建築設計事務所ですが、お施主さんと工務店の間に立って営業的な役割も兼ねているので、上棟の時は立ちあうことが多いです。
 
設計監理としても、上棟と同時に施工のチェックしたり、納まりを確認していきます。そうしていると、施工間違いを見つけるのはもちろん、早く空間イメージがつかめて、その後の内装デザインも調整しやすいです。
 
つまり、より良い建物ができるわけです。
 
 
引き続き、内装仕上げや電気設備など、最終決定していきます。
 
工事が始まっても「設計活動」はつづきます(^^
 
*--★*--★*--★*--★*
よろしかったら、建築省エネサポート
TAG-Laboのホームページも
ご覧ください
 
 
ありがとうございました。

 

#上棟 #ピアノ教室 #木造平屋