· 

伝える手段(パース)

 

 

伝える手段。
手書きのスケッチをよく描いていましたが最近は、CGパース(完成予想図)を多用するようになりました。
 
パソコンの性能が上がって描画速度が速くなり、CG(コンピュータグラフィック)のソフト機能が良くなって
早く作成できるようになりました。
 
僕は手描きのスケッチも味があって描くのも好きなんです。
手描きの良いところはファジー感。
あいまいに表現できてそこで自然に想像を膨らませれる。
 
逆に、しっかりと説明したい場合、たくさんのパターンを比較したい場合は手描きは膨大に時間がかかってしまって実務に向きません。
 
 
建築設計事務所はたくさんの専門的なパソコンソフトを駆使して住宅や店舗などを設計することになります。
 
僕はパースソフトとしてマイホームデザイナーPROを使っていますが、ソフトは何でもよいとおもいます。
 
「スケッチアップ」とか「アーキトレンド」とか。
無料CADソフトの「JW-CAD」だって2.5次元パースという機能がありますし。
 
立体を立ち上げて検討するというのは建築の伝える手段として、実は重要です。
 
お客様に伝えるのはもちろん、逆に建築設計者が自分の五感にも伝える(考える・感じる)手段の一つ。
それが相手に伝える地震になります。
 
添付したパースは浜松市内や愛知県で、最近設計中の物件たち。
 
 
*--★*--★*--★*--★*
 
 
よろしかったら、建築省エネサポート
TAG-Laboのホームページも
ご覧ください
 
 
ありがとうございました。