· 

箱根 ピカソ館

先日、箱根に行ってきました。
 
最初は、近場で温泉でも…と思い、箱根を選びましたが、温泉には入らず、美術館巡り。
1つ目は、彫刻の森へ。
 
僕は、どちらかと言うと、彫刻より絵画の方が好きなのですが、ピカソ館へいきたかったので。
 
ピカソは代表作である「ゲルニカ」や「泣く女」のようなテイストの抽象的な作品だけでなく、写術的な表現から、ポップなもの、風景画や静物、人物。。。などの様々な表現の作品を何万点も残しているそうです。
 
ピカソの名言で「優秀な芸術家は模倣し、偉大な芸術家は盗む。」というものがあります。
当然和訳されているので、ちょっとわかりにくいですが。
  
ピカソは、独創性の塊なようなイメージがありますが、とにかく他の作品をまねたり模倣したり参考にしたりしたそうです。
  
まねる事は芸術だと、ちょっと悪いことのように言われる場合がありますが、建築では、努力や勉強の一つだととらえれます。
  
楽しく、たくさん見て学んでまねて、喜んでもらえる建築を造れたらいいな、と思う芸術の秋です。